日々徒然。



<   2005年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


そして連勝。ビジターのカープ戦勝ち越し~♪

今日は、スラッガー小坂(某掲示板より引用。笑)が今季3号ホームランでした。
何なんですか、小坂さん。去年までのポップフライ大量生産っぷりはどこへ消えてしまったとですか?!
まさにスラッガー、昨日に続いて大活躍です。

そーしーてーぇーっ!!な、な、な、なんとぉ、宏之投手がヒット打っちゃいました。
しかも2ベースですよ、マリーンズの投手陣での交流戦に於ける初ヒットだそうです。
それが宏之投手のバットから生まれたというのもなんか嬉しくてウッハウハです(またか)
そのヒットでは打点付かなかったというのがもったいないですけど(笑/後の押し出しフォアボールは良かった!)

魔法使いという異名を冠されている李選手、最近はテレンコっぷりが目立っていたフランコ選手が揃ってホームラン。
これでベニー選手に2日連続ホームランが生まれていれば、ある意味ネタになったのに~・・とまたまた贅沢なことを思っていたら、

里崎選手、頭部死球を食らって交代・・・
検査結果に異常はなかったみたいですけど、頭という場所が場所なだけに、もうちょっときちんと検査をしてもらったほうがいいのでは・・と思った次第です。
[PR]
by c-l-m_fan | 2005-05-18 23:32 | 千葉ロッテマリーンズ。

連敗脱出、来たよーっ!!!

もうウッキウキです、こんばんわ(何)

それもこれも全部、マリーンズの連敗が4でSTOPしたからに他なりません~♪
スタメン発表の頃には一抹(・・いや、二沫以上かも。笑)の不安を覚えていたのですが、なんと先取点はマリーンズ!
ゴロの間に・・って、どっかのチームの真似ですか(笑)
でもすぐに追いつかれてー、ここぞ!と言うときにベニー選手のホームランが出て大興奮していたのに、中継ぎ神の薮田様が打たれちゃって逆転されて。。。

正直、この時点で今日も負けだなって思ってました(爆)。
選手達を信じきれないおバカな私を許してください・・・(ノ∀`)

でもでもでも、ドラマは終盤に待っていたッ!
最近不調気味だった西岡選手がバント失敗、しかし、
お 得 意 の ス リ ー ベ ー ス ヒ ッ ト!しかも2点追加~♪

で、9回裏は恒例のコバマサ劇場かな、とまたも不安を抱いていたらば・・・なんと三者凡退ですよ。いつもこうだったらいいのに・・。
歴代最速の通算150セーブ、おめでとうございますv

そして、待ちに待った連敗脱出です♪負け中に移動日も挟んだせいか、もっと負けてたような錯覚に苛まれてました・・薮田様がちと心配ですけど、今日は、無条件に勝ちの喜びを甘受しますvv
[PR]
by c-l-m_fan | 2005-05-17 22:53 | 千葉ロッテマリーンズ。

嗚呼、哀愁の4連敗・・。

デス。昨日はまさに完敗としかいいようがありませんでしたな。古田選手のリードに対して、面白いように鴎のバットはくるくる回るorz
まぁ、左ピッチャーにも関わらず対左バッターの被打率の方が高い(対戦機会は少ないとは言え)石川投手に右バッターをズラッと並べた時点で勝負は見えていましたね・・。

正直、連敗は3で止まると思ってました。俊介で負けるだなんて夢にも思わず・・(ノд`)
なまじ好投してくれていただけに、この負けは悔しかったです。
しかも、ゲッツーの間に取られた1点が決勝点だと言うことも。
いっそタイムリーだとかホームランを打たれてたら切り替えも早いだろうに・・。

で、マリーンズの打撃不振は深刻です。12日の試合でタイガースの井川選手に手玉に取られた試合以降、合計して3点しか取れてません。
そんな日に限って11点も取られて負けるのです。

いつものマリーンズに戻ったんだ、今まで僕たちは淡い夢を見ていただけなんだよ・・と現実逃避したくなるくらいです、ハイ。
10連敗してもまだ貯金残ってるじゃないか、あくまで俺たちはプレーオフ進出が目標だっただろ?と逃げたくもなります。

というか、明日からの広島戦の敗戦も既に覚悟してたりします。
ああ、恐ろしい・・。

鯉様へのお願いは敢えて言いません。思ってても言えません。
(こないだのツバメさまへのお願いが真逆に叶ってしまったのでorz)
[PR]
by c-l-m_fan | 2005-05-16 14:33 | 千葉ロッテマリーンズ。

幕張名物、拙攻打線のお出ましだ~!!

ヤクルトスワローズってのは強いチームですね。
ちゃんと相手のミスに付け込んで、きっちりと1点をもぎとっていく。
それでいて、ピッチャーはその1点を守り通す。

シーズン序盤、千葉ロッテマリーンズが目指し、実践していた野球が、今日千葉マリンスタジアムにやってきたヤクルトスワローズが見せ付けてくれました。

決して先発の清水投手の出来が悪かったわけじゃないんです。むしろ、立ち上がり不安定にもかかわらず無失点で切り抜け、味方の援護を待った、エースらしい投球をしていたんです。
でも野手陣は清水投手に恨みでもあるのか、無死満塁で無得点とかランナー出ても併殺、典型的なピッチャー見殺し野球をしてみせてくれました。
それどころか、エラーまでして、自ら1点を献上するような真似まで。
フランコはテレンコ以外の何者でもありませんでした。スタメン発表時から抱えていた不安が現実となり、乾いた笑いしか出ませんでしたよ、・・もう笑うしかなかったんです。

それでも、終盤の反撃を信じて粘投を続けた清水投手・・でも打線は、逆に才能すら感じさせる三者凡退の連続・・。結局、その1点が決勝点となり、清水投手は自責点0で敗戦投手に。
エラー絡みで失点→完封負け、というパターンを2日連続で見るハメになるとは思いませんでした。

援護・勝ち運のないエースとは昨シーズンから言われ続けてきたことですが、ここまでだとは・・・・。ナオユキ可哀想すぎるよーーッッ!!orz


打線は水物、とはよく言ったものですが、いよいよ重症化してきて、大型連敗も見えてきましたね・・。一度、浦和マリーンズの主力打者(大松選手か竹原選手かな・・?)を1軍の指名打者あたりに置いてみて、レギュラー陣の危機感を煽ってみてもいいのではないのでしょうか?
飽くまでも素人意見ですが。
[PR]
by c-l-m_fan | 2005-05-13 23:05 | 千葉ロッテマリーンズ。

ルーキー久保、負け投手に。しかし防御率は未だ0.00。

はい。今日はタイトルで全てを語れてしまいます。。
初回に今江選手のエラーで出塁したランナーさえいなければ・・!と思う次第でございます。
(それでも、最少点差で負けてたかも?!)

第2戦までと違い、タイガースも攻守ともに覇気が感じられ、これなら負けても仕方ないかな・・と中盤あたりには思い始めていました。
しかし、初回の2点以降好投を続けていた久保投手に、1点の援護さえあげられない打線に憤慨しました。
「せめて、久保の負けぐらい消したれや?!」 とテレビの前で悪態をつき、親に呆れられる始末・・。
タイガースの井川投手がシーズン序盤からは思いもよらない出来だったとはいえ、かつての貧打線を彷彿とさせる拙攻、拙攻、また拙攻・・。これは私じゃなくても叫びたくなりますって・・。
この試合、1回裏1死1・2塁でのベニー選手の併殺打で全てが尽きた、と各方面からの意見がありますが、まさにその通りだと思います。。

・・・とまぁ、負け試合に関しては、敗因など明らかなので素人の私が語っても事態を打開できるわけでもないので、この辺にさせていただきます。
雨に打たれて鴎も一休みです。。

13日からのスワローズ戦。3タテは食らわさないでくださいね、ツバメさま。
[PR]
by c-l-m_fan | 2005-05-12 23:49 | 千葉ロッテマリーンズ。

謝罪と感動。

まず、3ヶ月にも渡って当ブログを放置してしまったことを、心から深くお詫びいたします。
これは、パスワードを忘れた挙句、再発行することさえをずっと忘れていた私の不徳の致すところであります。
本日、遂にパスワードを書いた紙を見つけたので、ここにこうして更新することとあいなりました。

そんなこんなで、私が愚行を犯している間に、なんとマリーンズは12連勝しました!!!ネタが古くてごめんなさい。

開幕戦で東北楽天ゴールデンイーグルスに惜敗し、今年もこんなもんかなぁ・・と思っていると、なぜか翌日は26点の猛攻。これは強いぞ?!とか思ってると、そのまた翌日のオリックス・バファローズ戦(これ観にいきました。)では負けた。今年もオリックスの呪いは続くのか、、と悲観していたのですが、何か連敗しない。
何これ、何か違うよ?今までのマリーンズじゃないんじゃない?という気持ちをファンが持ち始めた頃、何故かマリーンズは連勝街道まっしぐらだったのです!
去年の日本一球団、西武ライオンズに対しても、パシフィック・リーグのレギュラーシーズン1位通過の福岡ソフトバンクホークスに対しても、果敢に立ち向かってゆき、あまつさえ勝利を奪う。
こんなマリーンズ、見たことない!これは正に感動という以外にないほどの気持ちでした。
俄かファンとしか言いようのない私でさえこんなに感激してしまうのですから、川崎球場を本拠地にしていた、あの時代からのファンの方々は如何に喜んでおられるのか・・私には想像さえ出来ません。
しかし、今現在のマリーンズを応援していることには変わりないのです!故に、同じような喜びを分かち合っているのだ、と信じたいです。
日本記録の19連勝を目指しましたが、5月5日の東北楽天戦で負けてしまい、惜しくも記録達成とはなりませんでした・・。でも、安定した先発投手陣を擁し、日替わりでヒーローが誕生する野手。。中継ぎの層は・・ちょっと薄いですけど(笑)。抑えは当然あの人。襲い掛かる攻撃の波をしっかりと防ぐ防波堤。こんなに素晴らしい選手たちがいる、今年のマリーンズなら、もう1度・・いや2度、3度とそのチャンスは訪れるはずです。
そして・・・おっと、それ以上は、まだまだ言えません。ファンの本当の望みなんか、オールスター戦以後くらいに口にするのがちょうどいいと思います。その頃になると、みんなの願いが現実味を帯びていることを、心の底から祈ってます。今はただ、それだけを言っておきます。



うわぁ・・大興奮のあまり長々と支離滅裂な内容で大風呂敷広げちゃってますが、話半分に聞いといてください(爆)
[PR]
by c-l-m_fan | 2005-05-09 13:32 | 千葉ロッテマリーンズ。


ある学生による、千葉ロッテマリーンズと映画とその他モロモロの記。(笑/ハルさん、写真ありがとうございました!vV)