日々徒然。



2005年 12月 16日 ( 1 )


仰木さん、さようなら…

昨夜、友達からメールをもらいました。
23時過ぎだったでしょうか…それが私にとっての第一報でした。


― 「さっきのニュースは見た?」

一体何があったというのでしょうか…もし事故やテロだとしたら各局挙って特別番組に切り替えていたことだろうに、それでもなかったし。

― 「さっきお風呂上がったとこやねんけど、何かあったの?」

まさか、あんな驚くべき返信が来ようとは夢にも思いませんでした…。

― 「前のオリックスの監督の仰木さんが亡くなったんだよ」

もちろん、我が目を疑いました。そしてすぐにニュースページを見て。
体調不良で監督勇退なさったとは言え、矍鑠としたイメージがあり、まさか「闘病中」でいらしたとは…。

今年は3度も姿を拝見しました。
大阪ドームでのバファローズ地元開幕戦(対マリーンズ)、6月と8月のスカイマークスタジアムでのマリーンズ戦。

その頃はまさかこんなことになるとは思ってませんでした…周りに見せまいと耐えておられたのでしょうか…。


仰木マジックと呼ばれた名采配の数々、野茂投手やイチロー選手を大成させたその影にあった監督の姿。
それは私の記憶にはありません。しかし、いろんな媒体で語り継がれています。
1988年10月19日の川崎球場における決戦もまた然りです。

でも、10年前の大震災の時の「がんばろうKOBE」は忘れられないほどハッキリと記憶に残っています。

地震で傷ついた神戸の人たち。

私も近畿圏の住人とは言え、隣の府だし、全然被害度合いも違っただろうから何も言えなかった。避難して転校してきた子たちに「がんばってね」って言ってしまって「がんばって、とは言わないで。」と涙声で言われてしまった思い出もあります。。

そんな中、ブルーウェーブはチームをあげて被災者の方々を勇気付けた。
95年は日本一こそ逃したけど見事リーグ制覇。
翌年には日本一に輝いた。
その輪の中心にいたのは、他での誰でもない仰木監督でしたね。。


弱った体に鞭打ち、病状は悪化する一方だったのでしょう…。
どうか、安らかにお眠りください…天国からパ・リーグを、プロ野球を、見守っていてください…。
[PR]
by c-l-m_fan | 2005-12-16 11:51 | その他野球全般。


ある学生による、千葉ロッテマリーンズと映画とその他モロモロの記。(笑/ハルさん、写真ありがとうございました!vV)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31