日々徒然。



久々に。

両親と一緒に映画鑑賞に行きました。日曜日の出来事ですが(笑)


初めは母と2人で行こうとしたのですが、よくよく考えると父は50歳over。
「夫婦50割引」が使えるじゃん、ということで父も誘ってみました☆


観にいったのは、「ALWAYS 三丁目の夕日」でした。


母は、この作品の映画化が決まった時から観に行きたいって言ってたんで、実行できて嬉しそうでした。
父も原作のアニメを覚えているとかで、設定の違いをどーのこーの言ってましたw

私はアニメの内容もうろ覚えで、楽しめるかどうか不安だったんですけど、なかなか良かったです。
CGが多用されているとのことで、目が辛いかなぁ…っていうのも杞憂に終わり、一安心。


でも、「感動」はしませんでした。(私は、ですけどね。)


自他共に認める緩い涙腺を持つ父はクライマックスのシーンで泣いてました。
結構ドライな母は、「ちょっと最後あたりは白けちゃったw」と苦笑気味。


けど、「話は決して悪くなかったよ。」と2人ともが答えてくれたので同意しておきました。
笑えるシーンも多々あり、懐かしい「モノ」たちの登場もあり、、ある意味盛りだくさんでイイんではないかと。(笑)


CGの使い道が、未来都市のイメージやSF作品だけにとどまらないということも実感できました。
[PR]
by c-l-m_fan | 2005-11-08 14:00 | MOVIE。
<< 亜細亜の1番。 感想を書きますよ。 >>


ある学生による、千葉ロッテマリーンズと映画とその他モロモロの記。(笑/ハルさん、写真ありがとうございました!vV)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31