日々徒然。



落ち着かないもので。(その1)

ホントはシリーズ終了後に総決算って形で更新しようと思ってたんですけど、何だかふわふわそわそわしちゃって落ち着かないのでこの3戦分、書いちゃいます。

まずは第1戦。
ナオユキ投手VS井川投手

……。

正直負けると思ってましたよ。それも惜敗じゃなくて、季節外れの花火大会状態で。
誰に打たれるかを賭けようかと思っていたくらいです。
何でそんな愚かな考えを持っていたのか・・・・・・心の底から謝りたいです。ごめんなさい、エース清水様。(別人だよ)

「ラッキーボーイ」はてっきり初芝神のことを指すと思っていたもので、今江選手の活躍も意外でした。
その今江選手を爆発に導いたのが、西岡選手も素晴らしかった。第1・第2打席で合わせて21球粘るとか、まさに理想の1番打者ですね。簡単に初球凡退の想像が完成していたので、私は彼にも謝らなくてはなりません。

というか、この第1戦においては、全ての選手に謝らなくては…(汗)

「如何に期待してなかったか」ではなく、もう満足してしまってたんですよ。

POで完全燃焼してたんでしょうね。日本シリーズ出れるってだけで充分だとか思ってました。
だから、いつもの拙攻鴎が姿を見せていたとしても、「仕方ないなあw」で終わってたと思います。
予想外の活躍→勝利に、喜びよりも驚きが先に立ってました。
テレビ観てても信じられませんでしたしね。

もちろん、時間が経つにつれて、喜びは深まりましたが。
幕切れが濃霧コールドという呆気ないものだったことも手伝ってか、試合自体の印象は少々薄いです。やっぱり地味様ゴメンナサイ。
[PR]
by c-l-m_fan | 2005-10-26 14:10 | 千葉ロッテマリーンズ。
<< 落ち着かないもので。(その2) いよいよ…。 >>


ある学生による、千葉ロッテマリーンズと映画とその他モロモロの記。(笑/ハルさん、写真ありがとうございました!vV)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31