日々徒然。



七たび生まれ変わっても、我、パ・リーグを愛す。

何でこの言葉をタイトルに持ってきたのかといいますとですね、学校の図書館で「わが愛しきパ・リーグ」を借りたからです。

私がリアルタイムで知ることがかなわなかった、古きよき時代のパシフィックの思い出が語られています。

今まで名前だけは聞いたことのあったチームや、選手たちの思い出がまるで昨日のことのように書かれています。その時代を生きていないことが悔やまれるほどに。
流線型打線・・さぞ魅力的だったでしょう。ミサイル打線?!こ・・・怖ッ!(笑)
東京スタジアムかぁ・・行ってみたかったなぁ……。
一度だけでも生で観てみたかった・・。



さて、私が物心ついた時には既に、ホークスは福岡に去り、ブレーブスはブルーウェーブと名前を変えて、西宮を離れていました。
そしてパ・リーグはおろか野球自体にまだ興味がない時に、オリオンズはマリーンズになり、川崎球場から千葉マリンスタジアムに本拠地移転を行ったのでした。

昨年には唯一大阪に残ったチームも経営悪化で神戸のチームと合併し、実質的には大阪からプロ球団が消えました。そして、私が好きになったチームも危機に陥っていました。
辛うじて千葉のチームは合併を免れ、今年は快進撃をみせていますが、もし合併や何らかの形での消滅という憂き目をみていたら。。と考えるとゾッとします。

チームを広告塔としてじゃなく、大切なものとして見てくれているオーナーさんは果たしていらっしゃるのでしょうか、、。
いらっしゃるのでしょうけれど、昨年の各々方の発言を見返していると、必ずしもそうとは言えないなぁ・・と疑問を抱いてしまうのです。

マスコミが「パ・リーグは不人気」とレッテルを貼ってくれていますから、所謂”いちげんさん”が球場に来てくれません。せめて今からでもマスコミが持論転換してくれたらなぁ・・・とも思うのですが、長年凝り固まったイメージは簡単には拭い去れないのは当然です・・。(くそぉ・・)

でも、「強いチーム」にはお客さんは来てくれるし、営業の人が頑張ってくれてるチームも入場者数が向上しています。マスコミが長い間かけて築いた「パ・リーグには客入らん」伝説が崩れつつあります。というか、某・水道橋のチームが(ry

三塁側内野自由席が、試合開始直前に行っても余裕で座れた大阪ドームでの(近鉄)バファローズVSマリーンズ戦も好きでしたが(大阪ドーム自体はさておき。笑)、いつか満員の球場で観戦したいという思いはあります。
じゃあ甲子園でタイガース戦を観たら?と思われるでしょうけれど、セントラルじゃなくて、パシフィックでみたいと思っちゃうんですよ。それほど魅力があるんです、本当は。
[PR]
by c-l-m_fan | 2005-07-08 10:44 | いろいろいろ。。
<< マリーンズファンに50の質問。 連敗ストップ! >>


ある学生による、千葉ロッテマリーンズと映画とその他モロモロの記。(笑/ハルさん、写真ありがとうございました!vV)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31