日々徒然。



幕張名物、拙攻打線のお出ましだ~!!

ヤクルトスワローズってのは強いチームですね。
ちゃんと相手のミスに付け込んで、きっちりと1点をもぎとっていく。
それでいて、ピッチャーはその1点を守り通す。

シーズン序盤、千葉ロッテマリーンズが目指し、実践していた野球が、今日千葉マリンスタジアムにやってきたヤクルトスワローズが見せ付けてくれました。

決して先発の清水投手の出来が悪かったわけじゃないんです。むしろ、立ち上がり不安定にもかかわらず無失点で切り抜け、味方の援護を待った、エースらしい投球をしていたんです。
でも野手陣は清水投手に恨みでもあるのか、無死満塁で無得点とかランナー出ても併殺、典型的なピッチャー見殺し野球をしてみせてくれました。
それどころか、エラーまでして、自ら1点を献上するような真似まで。
フランコはテレンコ以外の何者でもありませんでした。スタメン発表時から抱えていた不安が現実となり、乾いた笑いしか出ませんでしたよ、・・もう笑うしかなかったんです。

それでも、終盤の反撃を信じて粘投を続けた清水投手・・でも打線は、逆に才能すら感じさせる三者凡退の連続・・。結局、その1点が決勝点となり、清水投手は自責点0で敗戦投手に。
エラー絡みで失点→完封負け、というパターンを2日連続で見るハメになるとは思いませんでした。

援護・勝ち運のないエースとは昨シーズンから言われ続けてきたことですが、ここまでだとは・・・・。ナオユキ可哀想すぎるよーーッッ!!orz


打線は水物、とはよく言ったものですが、いよいよ重症化してきて、大型連敗も見えてきましたね・・。一度、浦和マリーンズの主力打者(大松選手か竹原選手かな・・?)を1軍の指名打者あたりに置いてみて、レギュラー陣の危機感を煽ってみてもいいのではないのでしょうか?
飽くまでも素人意見ですが。
[PR]
by c-l-m_fan | 2005-05-13 23:05 | 千葉ロッテマリーンズ。
<< 嗚呼、哀愁の4連敗・・。 ルーキー久保、負け投手に。しか... >>


ある学生による、千葉ロッテマリーンズと映画とその他モロモロの記。(笑/ハルさん、写真ありがとうございました!vV)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30